ホーム修学旅行体験学習検索→空中庭園展望台
OSAKAを学ぶ・経験する

空中庭園展望台

さえぎるものがない、とびきりの開放感!

 大阪、キタエリアでひときわ目立つ建物、梅田スカイビル。地上40階、地下2階、高さ約173m。東西2棟の頂部を連結するように円形の空中庭園展望台を設置した構造が特徴です。この特徴が評価され、イギリスの高級紙「THE TIMES」の「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」のひとつに選ばれているほど。アテネのパルテノン神殿、バルセロナのサグラダ・ファミリアなどの歴史的建造物とともに選出され、世界的にも知られている建物なのです。


▲360度のパノラマ視界の開放感
 は最高

 シースルーエレベーターで一気に35階へ。視界が急に開けるエレベーターからの眺望も見逃せません。少しずつ高まる期待を胸に、35階からは全長38メートルのチューブ型エスカレーターを抜けます。39階に到達したら、いよいよ空中庭園の入口です。

 40階に位置する空中庭園は、その名のごとく屋上開放型展望台で、40階の屋内フロアと屋外に設置されています。超高層ビルの展望台としてはかなり珍しいタイプ。視界をさえぎるものがなく、360度のパノラマ視界と全天、そして風を感じながら大阪の都市と、遠く淡路島までも望めます。

 ここ展望台では、誘導案内を行う「スカイクルー」体験ができます。まずは先輩スカイクルーから「おもてなし」の基本を学び、スカイクルー研修生として実際にお客様をお迎えする接客に挑戦します。制服を着ると、いつもと違う緊張感で、飲食店の接客とはまた一味違う、「おもてなし」を学ぶことでしょう(中学生以上の女生徒に限ります)。


▲地下1階の「滝見小路」

 また、地下1階の「滝見小路」はくいだおれ大阪にふさわしい、うまいもん屋を集めた飲食店街です。体験のあとにぜひ、立ち寄ってみてください。

OSAKAモデルコース