ホーム修学旅行体験学習検索→住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館
OSAKAを学ぶ・経験する

住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館


▲江戸時代の町へタイムスリップ!?

 賑やかな商店街から、ビルの8階へ―そこに現れるのは、江戸時代の大坂町三丁目。通りを歩くと、まるでタイムスリップしたかのような不思議な感覚に陥ります。人々の暮らしが息づいているかのように再現された町並み…これは、『摂津名所図会(せっつめいしょずえ)』や町屋の絵図等のいろいろな史料が現存する江戸時代の建物などに基づいて実物大で復元。舞台道具などではなく、屋外の家と同じ工法で当時使われた技術を駆使して新築されました。それでいて、生活感が感じられるよう、柱、屋根瓦、壁などすべてに経年変化(エイジングの技法)を施し、軒下には雨落(あまおち)、壁には泥はねなどがリアルにつけられています。


▲町に入る前の壁には江戸時
 代の生活用品が描かれている

 建具屋、人形屋、唐物屋、本屋…などが軒を連ねる通りを歩いたり、中へ入って玩具で遊んだり…ただ見るだけではなく、昔の生活用品を手にとることもできるため「何時間いても飽きない!」「今もこんな生活があったらなぁ…」と、それぞれに楽しみを見つけては没頭する生徒たちの姿も。

また、季節感や時間の移り変わりを意識した演出、そして効果音にも注目。ぶらりと歩いてみるだけで、江戸の庶民たちの暮らしぶりを肌で感じることができます。

 続いて「モダン大阪 パノラマ遊覧」へ進むと、実に精巧な模型や映像で明治・大正・昭和の大阪の暮らしが紹介されています。心斎橋筋商店街の賑わい、日本三大祭の一つ天神祭の様子、明治末期の初代通天閣とルナパーク…「大阪ってこんなまちだったんだ!」と、まちの表情が手に取るように分かる、魅力いっぱいの展示コーナーです。精緻を極めたジオラマを熱心に見入ってしまうことも。


▲精巧な模型で大阪の暮らしが再現

 また、企画展示室では住まいや暮らしに関わるさまざまなテーマに基づく展示も随時開催。自由に見て回るだけでも十分楽しめますが、日曜日には町家衆(ボランティアの方々)による楽しいガイドツアー「町家ツアー」があり、見どころや町家の秘密を詳しく聞くことができます。昔の人の知恵がたくさん詰まった暮らしを体感してみましょう。

OSAKAモデルコース